たった1安打 中日 A・マルティネスの昇格効果なく開幕から猛打賞なしの球団ワースト更新

[ 2021年4月14日 05:30 ]

セ・リーグ   中日1ー2巨人 ( 2021年4月13日    東京D )

<巨・中>力投報われず2敗目を喫した中日・大野雄(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 中日打線がわずか1安打と振るわず、開幕から15試合連続で猛打賞なし。球団ワースト記録を更新する貧打で敗戦した。

 サンチェスに8回1死まで無安打に抑えこまれ、与田監督は「寂しい試合になった。うまく攻められた。打てるように練習しないといけない」と反省。打線の起爆剤として、この日初昇格したA・マルティネスを5番で起用したが不発に終わり「力みもあったと思う。持ち味のしっかり振ることはできていた。これから良くなる」と今後に期待するしかなかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月14日のニュース