阪神・佐藤輝 プロ初の3打点 森下から2ラン、7回には適時打でマルチ安打も達成

[ 2021年4月14日 20:29 ]

セ・リーグ   阪神―広島 ( 2021年4月14日    甲子園 )

<神・広(4)>7回2死一、二塁、中前適時打を放ち、雄叫びを上げながら一塁に向かう佐藤輝(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神・佐藤輝が、プロ最多の3打点をマークした。

 7回1死一、二塁で広島2番手のケムナの直球を中前に運ぶ適時打。4回の第2打席で、先発の森下から放った右翼越え2ランをと合わせて9日のDeNA戦以来、3試合ぶりとなるマルチ安打も記録し、甲子園の虎党を沸かせた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月14日のニュース