広島・野村 6回2失点「試合つくれたことは良かった」 前回KOから頼もしい復調気配

[ 2020年8月20日 05:30 ]

セ・リーグ   広島2-2DeNA ( 2020年8月19日    マツダ )

<広・D(10)>先発の野村 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島は、今季6度目の引き分けに終わったが、明るい材料は先発の野村だ。

 初回にロペスに2点打は許したものの、その後は粘投。毎回走者を背負いながらも追加点は与えず、6回2失点で救援陣につないだ。初回失点には悔やんだが、「なんとか、あの回だけで失点を抑えて、粘れて試合をつくれたことは良かった。野手のみんながしっかり守ってくれて、追いついてくれて感謝しています」と胸をなで下ろした。

 前回11日の中日戦は4回途中3失点で降板しただけに、復調気配は頼もしい。佐々岡監督も「6回まで粘り強くゲームをつくってくれた」と労をねぎらっていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月20日のニュース