来日初勝利のDeNA・ピープルズ 登板前夜はピザも遠征の今回はステーキ、「勝負メシ」変わるかも

[ 2020年8月20日 22:01 ]

セ・リーグ   DeNA10―1広島 ( 2020年8月20日    マツダ )

<広・D>来日初勝利を挙げたピープルズ(中央)はウイニングボールを手にナインを迎える(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】DeNA・ピープルズには、登板前夜のルーティンがある。それはピザを食べることだ。16年、偶然ピザを食べて臨んだ試合で8回まで無安打に封じたことから「縁起がいいと思って」と日本に来ても続けていた。アシュリー夫人がつくったり、宅配を頼むこともあるというが、種類は米国では定番のペパロニピザと決まっているというから、こだわりは相当のようだ。…と思っていた。

 しかし来日4試合目で初のビジター、しかも広島遠征となった今回。前夜の食事について「残念ながらピザを食べることはできなかったが、おいしいステーキを食べたのでどっこいどっこいかな」と笑い飛ばした。ステーキを食べて手にした来日初勝利。もしかしたら、こだわり続けた「勝負メシ」も変わるかもしれない。(DeNA担当・町田利衣)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年8月20日のニュース