阪神 8失点で完敗 7人継投で零封の巨人とは対照的 先発のガルシア粘れず、2番手の望月も炎上

[ 2020年8月20日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神0‐8巨人 ( 2020年8月19日    東京ドーム )

<巨・神(9)> 6回に岡本の本塁打で追加点を許したガルシアは切ない表情でベンチに戻る(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神は投手陣も精彩を欠き、低調な打撃陣を助けるどころではなかった。

 先発のガルシアが初回にあっさりと先制点を献上した。1死から松原に内野安打を許すと続くウィーラーにはヒットエンドランを決められ一、三塁。岡本に先制の左前適時打を浴びると、なおも一、三塁で丸に左犠飛を許した。初回失点は今季9試合で実に5試合。前回8月11日のDeNA戦で今季初勝利を飾った勢いも消沈した。

 「初回はコントロールできていない部分があったし、そのあとはしっかり修正できたかなと思うけど、悔しい」

 2~5回は追加点を許さなかったが、6回1死から岡本に外角ツーシームを右翼席にソロ本塁打され、痛い3点目を失った。6回7安打3失点で先発投手としては合格点と言えるが、今のチーム状況を考えれば胸を張れない。矢野監督も「課題は残るというか…。よく頑張ってくれたというところと、取られたところはもうちょっと粘ってほしかったところもある」と渋い表情を浮かべて、正直な思いを吐露した。

 2番手も流れを変えるどころか火に油を注いだ。7回に登板した望月は1死から吉川尚に二塁打され、坂本に中越えに適時二塁打。続く松原にも右前に適時打をされ2失点。2死までこぎつけたが最後は丸にまでトドメの3ランを浴びて一挙5点を失った。低調だった坂本と丸にまで打たれ、20日の第3戦を考えても眠っていた強打者を起こしてしまう、無駄な失点だった。

 巨人が先発のメルセデスが緊急降板する中、2番手以降も無失点でつないだ。あまりにも対照的な結果…。ダメージだけが残る夜となった。(長谷川 凡記)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月20日のニュース