西武・外崎 自身初のランニング本塁打で決勝点も「守備の時、酸欠で目の前に…」

[ 2020年8月20日 05:30 ]

パ・リーグ   西武4―3オリックス ( 2020年8月19日    京セラD )

9回、ランニング2点本塁打を放ち笑顔の外崎
Photo By スポニチ

 西武・外崎は必死に走った。2―2の9回2死三塁。ディクソンのナックルカーブを振り抜いた中堅へのライナー性の打球は、ダイビングキャッチを試みた佐野のグラブの下を抜けていった。「とりあえず、思い切り走ろう」とスピードを上げると、グルグルと手を回す三塁コーチが視界に入った。最後は頭から本塁に滑り込んだ。

 「最初は喜びがあって…。でも守備の時、酸欠で目の前に白いモヤモヤがかかった」というほどの激走。「小学生の時に打ったくらい」という自身初のランニング本塁打での決勝3号2ランでチームを4連勝に導いた。

 前日は今季初の4安打をマークし、この日は3安打。これで6試合連続安打とし、この間の打率は・481だ。猛暑の中での6連戦が続き、疲労はある。そんな中で「先週から脱力してバットを振ることでヘッドを滑らせ始めた」ことが好調の要因と分析する。
 辻監督も「まさか本塁に還るとは」と目を丸くする。夏バテ知らずの外崎は「今季は初のサヨナラ打も打っているので、何か逆に怖いです」と肩をすくめた。(大木 穂高)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年8月20日のニュース