巨人・メルセデス、涙の緊急降板…宮本コーチももらい泣き

[ 2020年8月20日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人8―0阪神 ( 2020年8月19日    東京D )

<巨・神(9)>2回2死一塁、木浪(左)を左飛に打ち取ったメルセデスだが、直後の打席で代打を送られた(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 巨人・メルセデスが左肘のコンディション不良で2回、わずか34球で緊急降板した。試合前のブルペン後に少し張りを感じていたが、先発を志願。1安打無失点の内容だったが、大事を取って原監督が交代を決断した。

 交代を告げられ泣いて悔しがるメルセデスを宮本投手チーフコーチはハグし「もらい泣きしてしまった」とベンチで涙を浮かべた。20日に出場選手登録を抹消される。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年8月20日のニュース