楽天・涌井、クールに見えて実は…マウンドとのギャップも大きな魅力

[ 2020年8月20日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天12―2日本ハム ( 2020年8月19日    札幌D )

<日・楽(8)>今季8勝目を挙げた涌井(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】楽天・涌井と言えば「ポーカーフェース」や「クール」という印象を抱いているファンも多いだろう。投球中は顔色一つ変えないが、マウンドを降りれば人なつっこい一面をのぞかせることも。三木監督は「もっと寡黙なのかなと思っていたけど意外と気さく」と明かす。取材時も独特の「涌井語録」でコメントに色を添える。移籍後初登板の前日には「ファンの人に知ってもらいたいこと?“敵じゃないよ”ってことかな」と言えば、ZOZOマリンでの登板後には「帰るベンチを間違えなくて良かった」と笑わせた。クールさとおちゃめさのギャップも涌井の大きな魅力だ。(楽天担当・重光 晋太郎)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月20日のニュース