巨人・高橋 2軍戦で今季初公式戦、5回途中2失点 3月に左肘痛め復帰目指す

[ 2020年8月20日 20:26 ]

巨人・高橋
Photo By スポニチ

 左肘痛から復帰を目指す巨人・高橋優貴投手(23)が20日、イースタン・リーグのDeNA戦(ジャイアンツ球場)に先発した。今季初の公式戦のマウンドで4回1/3を投げて4安打2失点。「今まで協力してくださった皆様に感謝しております。ボール自体はイメージに近づきつつありますが、投げる体力やスピードが低下しているので、練習から技術、体力の向上に取り組んでいきたいと思います」とコメントした。

 開幕ローテーション入りした1年目の昨季は5勝7敗、防御率3・19。今季もキャンプから実戦5試合で12回2失点とアピールしたが、3月上旬に左肘を痛めて、ファーム落ち。7月28日のロッテ2軍との3軍戦で、3月3日の日本ハムとのオープン戦以来に実戦復帰していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月20日のニュース