今年もか…オリックス 最短20日に自力V消滅 ソフトBと12ゲーム差

[ 2020年8月20日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス3-4西武 ( 2020年8月19日    京セラドーム )

<オ・西(8)>8回、中川(中央)が凡退して勝ち越し機を逃し、肩を落とす西村監督(右)の向こうでベンチに佇むジョーンズ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 オリックスは、球際の弱さがチームの弱さを象徴した。同点の9回2死三塁、外崎の中前へのライナー性の打球に前進した佐野がグラブを出したが捕球できず。打球が中堅フェンスまで達する間に外崎も生還するランニング2ランで決勝点を献上。西村監督も「コットン(ディクソン)が投げているわけですから、なんとかアウトにするというところ」と嘆いた。

 4回にT―岡田の7号2ランで一時は逆転したが、先発した田嶋が5回に木村に同点ソロを浴びるなど踏ん張れなかった。3連敗で、首位のソフトバンクが引き分けたため、ゲーム差は12に拡大。20日にも自力優勝の可能性が消滅する危機に追い込まれた。

 《オリ●、ソフト〇か△なら》オリックスは最短で20日に自力優勝の可能性が消滅する。オリックスが負け、首位のソフトバンクが勝つか引き分けた場合、オリックスは残り試合に全勝しても、ソフトバンクがオリックス戦以外に全勝すれば、勝率で上回れなくなる。

 ▼オリックス・田嶋(先発し6回2失点も6戦連続白星なし。5回に木村に同点ソロを被弾し)コースは悪くありませんでしたが、高さが甘く入ってしまいました。チームが逆転した直後でしたし、なんとか0で抑えたかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月20日のニュース