巨人・岡本 リーグトップ独走18号、約束通りの「J」ポーズ披露

[ 2020年8月20日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人8―0阪神 ( 2020年8月19日    東京D )

<巨・神(9)>6回1死、岡本はソロホームランを放ち、テレビカメラに向かってポーズをとる(撮影・森沢 裕)
Photo By スポニチ

 公約を果たした。2―0の6回1死。巨人・岡本が右翼席へリーグトップを独走する18号ソロで貴重な追加点。「ここ最近で一番いいバッティングができた」と自画自賛するほど自身も納得の逆方向への一発だった。

 ベンチに戻ると親指と人さし指で「J」をつくる新ポーズをカメラに向かって披露した。登場曲に男性アイドルグループ、JO1の「無限大(INFINITY)」を使用している主砲。先日、東京ドームで対面した際に「ホームランを打ったらやります」という約束をしていた。初回も先制打を放つなど3安打2打点と活躍した。

 5番の丸も7回にダメ押しの3ランを放つなど4打点。首位快走の原動力となっている「マルオカ」が、計6打点と荒稼ぎした。(青森 正宣)

 ▼巨人・松原(7回1死三塁で右前適時打を放ってプロ初打点)打席に入る前に石井野手総合コーチから“芯で捉えて鋭い打球を打つことだけ考えろ”と言われたことだけを意識した結果。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年8月20日のニュース