広島・島内「モヤモヤ取れた」進歩の初ホールド 10試合連続無失点、勝ちパターン入り期待

[ 2020年8月20日 05:30 ]

セ・リーグ   広島2-2DeNA ( 2020年8月19日    マツダ )

<広・D(10)>7回に登板した島内は無失点に抑える (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 大卒2年目の広島・島内がプロ初ホールドを挙げた。

 同点とした7回に2番手として登板。2死から宮崎に左前打を許すも、佐野を155キロ直球で空振り三振として上位打線を無失点に封じた。

 「去年はホールドがつく場面で全部失敗した。引きずっていたけど、モヤモヤが取れた。今後につながる試合になった」。

 10試合連続無失点として勝ちパターン入りが期待される中、佐々岡監督は「今回のような投球を続けてほしい」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月20日のニュース