ロッテ「光速王子」和田康士朗“仰天走塁”一塁から単打で生還!「全力でホームを狙った」

[ 2020年8月20日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ2―2ソフトバンク ( 2020年8月19日    ZOZOマリン )

<ロ・ソ5>初回無死一塁、中村奨の中前打で一走・和田が生還(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 スピードは美しい。ロッテは延長10回引き分け。7月3日以来の同率首位には立てなかったが、「光速王子」和田の快足は未来を感じさせた。2点を追う初回無死で一塁走者として中村奨の中前打で一気にホームイン。神がかった走塁に、中村奨も「(和田)康士朗に感謝しかない」と驚きの表情を浮かべた。

 「(三塁ベースコーチの)大塚コーチが(腕を)回していたので、自分は緩めずに全力でホームを狙った」。カウント1―2。4球目で和田はスタートを切った。ランエンドヒット。ここでソフトバンクの守備にわずかな隙が生まれた。中村奨の打球と、ベースカバーに入ろうと右に動いた二塁手・周東の姿が一瞬、重なった。これで中堅手・柳田の一歩目のスタートが遅れた。和田はこの動きを見逃さなかった。

 打球は右中間寄りへ。柳田が回り込んで捕球した時、低い姿勢のまま加速した和田はもう三塁ベースの手前にいた。さらに井口監督が「捕る体勢も含めてね」と指摘したように、柳田は捕球後、送球のためには体を逆方向の時計回りに動かさなければならなかった。和田は頭から本塁へ。楽々セーフだった。

 5回2死では盗塁を決めた。意識的にワンテンポ遅らせたスタート。捕手の高谷は空振りした左打者・マーティンが邪魔になり、和田の姿が見えずに送球すらできなかった。7回の二盗と合わせてリーグ単独トップの14盗塁。守備では8回に今宮の打球に快足を飛ばしてスライディングキャッチを披露した。「(盗塁の)数が増えるにつれて相手の警戒度は上がってくると思うけど、準備を怠らずこれからも走りたい」。金を稼げる足。まさに一見の価値がある。(鈴木 勝巳)

 ▼ロッテ・小島(早大の1年先輩・大竹と初めて投げ合って5回2/3を5安打2失点)いつも初回に失点する。本当に毎回同じ失敗をしてしまい、すみませんの言葉しか出てこないです。

 ○…今年2月以降に育成選手から支配下に昇格したのは和田(ロ)を含め15人。うち8人が早速、1軍出場を果たしている。中でも捕手のA・マルティネス(中)は現在離脱中ながら31試合で打率.296、2本塁打と攻守に奮闘。高浜(日)も9試合で打率.267と貢献している。また、投手ではこの日、田中豊(巨)がプロ初勝利。先発のロドリゲス(中)とリリーフのフローレス(ロ)も来日初勝利を挙げるなどそれぞれの役割で期待に応えている。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月20日のニュース