楽天 9回に3点差追いつき日本ハムと引き分け、島内が5号3ラン

[ 2020年8月20日 21:45 ]

パ・リーグ   日本ハム3―3楽天 ( 2020年8月20日    札幌D )

9回2死一、二塁、同点の3点本塁打を放った島内を出迎えるベンチの選手ら(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム―楽天は延長10回の末、3―3で引き分けた。両チームとも今季3度目の引き分けとなった。

 日本ハムは初回1死一、三塁で中田の遊ゴロの間に三塁走者が生還し、先制に成功。4回には1死走者なしで中田がリーグトップを独走する特大の19号ソロをレフトスタンドへ打球を運んで1点追加した。7回には1死二塁で清水の中前適時打で加点し、リードを3点に広げた。しかし楽天も0―3と3点リードされた9回2死一、二塁で島内の5号3ランで同点に追いついた。

 その後、延長戦に突入するが両チームとも好機を生かせず引き分けとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年8月20日のニュース