DeNA・浜口、また「6回の壁」…ラミレス監督、交代決断も国吉が同点弾浴びる

[ 2020年8月20日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA2-2広島 ( 2020年8月19日    マツダ )

<広・D(10)>力投するDeNA先発の浜口 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 DeNA先発の浜口がまたも「6回の壁」を越えられなかった。2―0の6回1死から堂林にソロを浴び「もったいなかったです」と悔やんだが、ここで交代が告げられた。

 これで8試合連続で6回を投げ切れていない左腕についてラミレス監督は「流れ的にズルズルいって負け投手になってほしくなかった。勝ってほしい気持ちが強かったので決断した」と説明。しかし代わった国吉が同点ソロを許し、今季3度目の引き分けとなった。

 ▼DeNA・ロペス(初回2死満塁から先制の2点適時打)フルカウントでしたが、野村投手は制球が良いのでストライクゾーンに来た球をしっかり捉えることができました。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年8月20日のニュース