阪神・青柳 6回1失点好投も打線援護なく6勝目お預け

[ 2020年8月20日 20:08 ]

セ・リーグ   阪神―巨人 ( 2020年8月20日    東京D )

<巨・神>6回無死三塁、坂本(左)に先制となる中犠飛を放打たれる青柳(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 阪神先発の青柳は6回4安打1失点で降板した。

 初回を3者凡退に抑えると5回まではゼロに抑え、打線の援護がない中、粘りをみせた。しかし、0―0の6回。先頭の重信に右翼線三塁打を許すと、続く坂本に中犠飛を打たれ、先制点を献上。今季初の巨人戦で好投も味方の援護に泣き、6勝目はお預けとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月20日のニュース