阪神 7回好機つくるも得点ならず 34イニング無得点

[ 2020年8月20日 20:14 ]

セ・リーグ   阪神―巨人 ( 2020年8月20日    東京D )

<巨・神>7回2死満塁の好機も中谷(左)が見逃し三振に倒れ、肩を落とす矢野監督(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神は同点のチャンスを生かすことができなかった。0―1の7回先頭はサンズが四球を選ぶとボーアが空振り三振に倒れた後、大山が中前打を放ち、1死一、三塁とチャンスが拡大。梅野は三ゴロ、代打・福留が四球で満塁としたが、代打・中谷が高梨の外角スライダーに手が出ず見逃し三振に倒れホームが遠い展開が続いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月20日のニュース