中日 4連勝でストップ、柳が初の3被弾 岡田も崩れ 浜田達が危険球退場

[ 2020年8月20日 21:50 ]

セ・リーグ   中日3―7ヤクルト ( 2020年8月20日    神宮 )

<ヤ・中>6回無死一塁、村上への危険球で退場となる浜田(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 中日は投手陣が崩れ、連勝が4で止まった。

 先発・柳が立ち上がりからピンチの連続。3回までは毎回得点圏に走者を進めながらも無失点で切り抜けていたが、2―0の4回2死一塁から坂口に同点2ランを被弾。

 5回には青木に勝ち越しソロを浴びると、西浦にもソロを許しプロ4年目で初となる1試合3被弾を喫し3敗目。

 2番手・岡田も連続四球でペースを乱すと、坂口に2点打を許すなど3失点。3番手・浜田達も村上の頭部への死球でわずか2球で危険球退場となった。

 打線は9回に武田の中犠飛などで反撃も、大量リードに及ばず敗戦。わずか1日でBクラス転落となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月20日のニュース