巨人・鍬原、長期離脱…右肘の肘頭骨折、リハビリ組に合流

[ 2020年8月20日 05:30 ]

巨人・鍬原
Photo By スポニチ

 巨人は19日、12日のイースタン・リーグの日本ハム戦で右肘を痛めた鍬原拓也投手(24)が病院で診察を受けた結果、右肘の肘頭(ちゅうとう)骨折と診断されたと発表。長期離脱の見込みだ。

 同戦では先発して5回2死で右肘に異変を感じて降板。現在はリハビリ組に合流している。開幕前は先発ローテーション争いをしていたが、今季はここまで中継ぎで5試合に登板し、1勝0敗、防御率6・43だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年8月20日のニュース