阪神 貧打深刻3戦連続零敗 東京ドームでは史上初の屈辱

[ 2020年8月20日 20:54 ]

セ・リーグ   阪神0―2巨人 ( 2020年8月20日    東京D )

<巨・神>7回2死満塁、代打・中谷は見逃し三振に倒れる(投手・高梨)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 阪神は僅差の試合を落として巨人3連戦で1点も取ることができず3連敗。36イニング連続無得点と貧打は深刻だ。0―1の7回には2死満塁のチャンスをつくったが、代打・中谷が見逃し三振に倒れて得点ならず。巨人投手陣の前に手も足も出なかった。先発の青柳は6回1失点と役目を果たしたが、かみ合わなかった。東京ドームで3戦全て零敗は史上初の屈辱となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月20日のニュース