ソフトB・今宮、10試合ぶり“2番”で先制弾も…打線4回以降わずか1安打でドロー

[ 2020年8月20日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2―2ロッテ ( 2020年8月19日    ZOZOマリン )

<ロ・ソ5>初回1死、左越えにソロ本塁打を放ち、ベンチの祝福を受ける今宮(左)(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは初回に2点を奪ったが、2回以降は好機に1本がでなかった。

 まず7日の楽天戦以来、10試合ぶりに2番に入った今宮が、初回1死で小島の初球、甘く入った140キロの直球を左翼席へ運ぶ先制の6号ソロ。「風があったので入るとは思いませんでした」と打球の行方に疑心暗鬼だったが、ここまで8試合中5試合で初回に失点するなど、立ち上がりに課題のある左腕に狙い通りの先制パンチ。笑顔でベンチに凱旋した。

 前日に「4番初本塁打」を放ち、勢いに乗る栗原は、この日は6番で出場。初回2死一、三塁で、小島の138キロの内角直球を捉える右前適時打。今宮の先制弾に続く追加点に「うまく反応して打つことができました。次につなぐことができたし、チャンスで打ててよかったです」と振り返った。

 3回にも無死一、二塁のチャンスをつくったが無得点。4回以降はわずか1安打。それでも8回、9回と得点圏に走者を進めたが得点できず、引き分けに終わった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月20日のニュース