オリックス 中嶋監督代行 愛称は「サメ」実働29年の「最後の阪急戦士」

[ 2020年8月20日 23:36 ]

オリックス・中嶋聡二軍監督
Photo By スポニチ

 オリックスは20日、西村徳文監督(60)が辞任し、21日から中嶋聡2軍監督が監督代行に就いて指揮を執ると発表した。

 中嶋監督代行は秋田・鷹巣農林から86年ドラフト3位で阪急に入団。球界随一の強肩を武器に、オリックス時代は95、96年には2年連続リーグ優勝に貢献した。

 その後は西武、横浜、日本ハムでプレー。15年には工藤公康に並ぶ実働年数29年のNPB最長記録を達成した。07~15年はバッテリーコーチを兼務。15年限りで現役を引退した「最後の阪急戦士」だった。

 通算成績は1550試合で打率・232、55本塁打、349打点、27盗塁。昨季からオリックスの2軍監督を務めていた。

 愛称は「サメ」。90年にはスローカーブで知られた左腕・星野伸之のカーブを右手で捕球したことがある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月20日のニュース