磐城・エース沖、国士舘打線斬り誓う「保先生のためにも勝利を」

[ 2020年8月10日 05:30 ]

キャッチボールする磐城エース・沖
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスの影響で中止となった今春センバツに出場予定だった32チームによる「2020年甲子園高校野球交流試合」が、10日から17日(13、14日は予備日)まで甲子園で開催される。21世紀枠で選出されていた磐城(福島)は9日、4月から福島商に異動していた木村保前監督(50)のノッカーでの同行が決まったと発表した。

 昨秋防御率0・90のエース・沖政宗(3年)は木村前監督との甲子園に「とてもうれしいこと。保先生のためにも勝利したい」と笑顔。強打を誇る国士舘戦での登板に向け「魂のこもった保先生のノックを受けて、勝ちゲームにできるように頑張りたい」と目を輝かせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月10日のニュース