“もはや庭だ”阪神・大山 マツダで4発目 誠也の打撃動画も教材「良い打者は打ち方を使い分けてる」

[ 2020年8月10日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神5-1広島 ( 2020年8月9日    マツダ )

<広・神(8)> 8回2死、左越えソロを放ちナインとエアタッチをかわす大山(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神は9日の広島戦に5―1で快勝し、夏のロード初勝利を挙げた。大山悠輔内野手(25)が8回、2試合連続となる10号ソロ。球団生え抜きの右打者では02~05年の今岡以来となる3年連続2桁本塁打を達成した。単打が出ればサイクル安打という働きで3安打2打点。4番の役割を果たし、同一カード3連敗を阻止した。

 逃げ切りたい猛虎にとって不気味な静けさを、一振りで破った。3回の広島の攻撃から両軍無安打で、1点リードのまま迎えた8回2死。大山が3年連続2桁本塁打となる10号アーチを放ち、貴重な追加点を奪った。

 「チームとしてあまり良くなかった流れを変えるというか、そういう大事な仕事ができたと思います」

 初球だ。一岡のカウント球、123キロカーブを狙いすましたスイングで捉えると、打球は左翼フェンスを越えて後方の防球ネットに直撃した。今季放った10発のうち4発がマツダスタジアム(5試合)という好相性。球場別打率は19打数8安打の・421と、もはや庭と化している。

 「10号というのは、1試合1試合と考えてやってきた結果だと思うのであまり。打てるところで打たないと意味がないので、これからも頑張ります」

 今季3度目の2戦連発でチーム初の2桁本塁打に到達した。出場69試合を要した昨年、97試合を要した2年前とはワケが違う。38試合での到達は、リーグを見渡しても巨人・岡本、広島・鈴木誠に次ぐ3番目の早さだ。

 くしくもその2人の打撃論が、大山をかたどる要素の1つだ。19年3月の侍ジャパンで共闘した岡本からは「ストレスを感じない打ち方が理想」と聞いた。体の構造やスイングに個人差があるから、ノウハウの共有は難しい。一方で“心地よく振れる打撃フォーム作り”というゴール設定は自分に応用できた。

 他球団の打者をYouTubeで研究する『動画学習』では鈴木誠の映像も教材だ。特に目をつけたのは調子や相手投手で打撃フォームを変える点。「(巨人)坂本さんもそうですが、良いバッターはいくつかの打ち方を使い分けてる」。現にいま、今春とは違う、背筋を伸ばしてバットの先端を投手側に倒す構えで、主砲の重責を果たし続けている。

 2回の二塁打、3回の適時三塁打と合わせて今季2度目の猛打賞を記録した。それでも「今日は今日で終わり。明日また一から始まるので頑張ります」と引き締めた。その気持ちが向く先は、800キロ近く離れた今日の決戦舞台・横浜だ。 (巻木 周平)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月10日のニュース