鶴岡東が東北地区大会初戦突破 青森山田・小牟田撃ち2発

[ 2020年8月10日 05:30 ]

東北地区大会1回戦   鶴岡東4-1青森山田 ( 2020年8月9日    石巻市民 )

宮城・石巻市民球場で開幕した、東北6県の高校野球独自大会優勝校による東北大会
Photo By 共同

 鶴岡東は最速150キロ右腕の青森山田・小牟田(こむた)龍宝(3年)から2本塁打を放ち、初戦を突破した。

 1点リードの7回2死一塁で1番の山路将太郎(3年)が公式戦初本塁打となる2ラン。伝令から「迷わず振れ」と声を掛けられ、真ん中に入ってきた直球を右翼席へ。「全力で走って、入る瞬間が見えた。凄くうれしい」と声を弾ませた。

 9回には代打の吉田陸人(3年)がダメ押しのソロを放ち、佐藤俊監督は「夏前にケガをして、ここにきて戻ってきた。びっくりした」と目尻を下げた。10日の準決勝で、聖光学院(福島)と対戦。甲子園交流試合まで勝ち続ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月10日のニュース