広島・遠藤 5回2失点も反省「ゾーンで勝負できなかった」

[ 2020年8月10日 05:30 ]

セ・リーグ   広島1-5阪神 ( 2020年8月9日    マツダ )

<広・神(8)>先発の遠藤 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 先発の広島・遠藤が投球内容を悔しがった。2回の無死満塁を1失点でしのぐなど粘りの投球で、5回2失点はまずまず、ともいえるが「2回と3回ですかね。どうしてもゾーンで勝負できないところがあった」とカウントを悪くして、球数が増えたことを言及。4四球などもあり、5回で103球を要した。

 前回2日の巨人戦ではプロ初完投。球団の高卒3年目では36年ぶりの巨人戦完投勝利という快挙だったが、この日は2敗目を喫し「もっと攻めないと。まだまだ足りない」と反省していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月10日のニュース