阪神・望月 9試合目で今季初失点 佐野に一発浴びる

[ 2020年8月10日 19:47 ]

セ・リーグ   DeNA―阪神 ( 2020年8月10日    横浜 )

<D・神>5回1死、佐野(右)に中越えソロを浴びた望月(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 阪神の5年目右腕・望月が、今季9試合目の登板で初失点した。

 1―3で迎えた5回から岩貞のあとを受けて2番手として登板。先頭の宮崎をニゴロに打ち取ったものの、続く4番・佐野に自慢のストレートを完璧に捉えられ、バックスクリーン左まで運ばれた。

 望月は今季ここまで全て中継ぎとして、8試合連続無失点と好投を続けていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月10日のニュース