宮城弘明氏 Y校“新ジャンボ”笹川に「これからも先の世界に向けて頑張って」

[ 2020年8月10日 05:30 ]

神奈川大会2回戦   横浜商10-0大磯 ( 2020年8月9日    横浜 )

<大磯・横浜商>4回2安打無失点の好投を見せた横浜商・笹川(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 横浜商が大磯に10―0で快勝。「3番・投手」で出場した1メートル93、85キロの笹川吉康投手(3年)が初回に右越え先制ソロを含む3打数2安打1打点、投げても4回無失点と好投した。

 春夏の甲子園出場16度を誇り「Y校」の愛称で知られる同校の長身左腕といえば、79年夏の甲子園でベスト4に導き、ヤクルトでもプレーした「ジャンボ」こと宮城弘明氏(58)。宮城氏は自身と同じ1メートル93の身長を持つ後輩へ「同じ大きい選手としてうれしい。1年秋に中堅を守っている姿を見たことがある。これからも先の世界に向けて頑張ってほしい」とエールを送った。「自分が現役の頃は、長身投手の実績がなかったけど、今はダルビッシュ(カブス)などの大きい投手が大活躍している」とし、チームにも「今年は難しい状況だが、悔いの残らない夏にしてほしい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月10日のニュース