中日 A・マルティネスの登録抹消、前日代打でスイング時に左手負傷 軽症のもよう

[ 2020年8月10日 17:11 ]

9日の巨人戦10回2死、代打の中日・A・マルティネスはスイングした負傷し交代となる(左は与田監督)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は10日、アリエル・マルティネス捕手(24)の出場選手登録抹消を発表した。9日の巨人戦(ナゴヤドーム)の10回に代打出場した際、スイング時に左手を痛めたため。症状は軽症のもよう。

 同捕手は7月1日に支配下選手登録され、4日に球団20年ぶりとなる外国人捕手として出場。さらに、翌5日の同戦では91年ディアズ(ロッテ)以来、29年ぶりにスタメンマスクをかぶった。

 今季ここまで31試合に出場し打率・296、2本塁打、10打点と勝負強い打撃と強肩ぶりを見せていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月10日のニュース