楽天 打線沈黙で零敗…ソフトBに同率首位に並ばれる

[ 2020年8月10日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天0―5ソフトバンク ( 2020年8月9日    楽天生命 )

<楽・ソ>6回2死一、三塁、暴投で失点する楽天・宋(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 楽天が首位決戦で零敗を喫し、ソフトバンクに同率首位に並ばれた。

 先発・福井が5回2/3を2安打1失点と好投したが、打線は6日にも対戦した笠谷―板東の継投の前に沈黙。先制機だった5回無死一、三塁で足立がスクイズを決められず、捕邪飛となった場面に、三木監督は「しっかり決めてほしかった。ミスはつきものだけど、役割を果たすことは強いチームになるために大切なこと」と険しい表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月10日のニュース