中京大中京V エース高橋が完璧救援、自己最速タイ154キロで交流試合へ弾み

[ 2020年8月10日 18:30 ]

愛知大会決勝   中京大中京1―0愛知産大工 ( 2020年8月10日    岡崎市民 )

好投した中京大中京の高橋宏斗
Photo By スポニチ

 中京大中京のエース右腕・高橋宏斗投手(3年)が自己最速タイの154キロをマークし、甲子園の交流試合へ向けたデモンストレーションを終えた。1点を先制した直後の8回から登板。初球に152キロを投げ、最初の打者を153キロの直球で空振り三振。調子の良さを伺わせると、9回の最後の打者への23球目に154キロが岡崎市民球場で計時された。結局、2回を無安打4奪三振無失点。チームを優勝へと導いた。

 「自分の目標は155キロを出すことなので、満足することはない。甲子園で155キロという数字を出したい」

 12日に対戦するのは智弁学園。相手に不足はない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月10日のニュース