いなべ総合学園・田所 サヨナラ打で優勝「みんなに感謝し、恩返しする大会にしたかった」

[ 2020年8月10日 05:30 ]

三重大会決勝   いなべ総合学園5-4四日市工 ( 2020年8月9日    県営松阪 )

<いなべ総合・四日市工業>9回2死満塁、サヨナラ勝利で優勝を決め歓喜に沸くいなべ総合ナイン(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 いなべ総合学園の主将で4番捕手の田所宗大(そうだい)は、たくさんの「ありがとう」を一振りに込めた。9回2死二塁からの連打で同点。なお一、二塁を託された。「みんなが“絶対に回すぞ”と言ってくれた。本当に回ってきた。最高の仲間が打たせてくれた」。初球のスライダーを捉えた一打が中堅左へ。準決勝から2試合連続の逆転サヨナラで県の頂点に立った。

 「甲子園はなくなったけど、その分、野球をできる喜びや野球本来の楽しさを感じることができた。みんなに感謝し、恩返しする大会にしたかった」

 今秋ドラフト候補に挙がるバッテリー。前日168球を完投した右腕の伊東邑航(ゆうこう)は救援に回り、登板した6回に一度は逆転されながら粘投した。「うれしい…しかない」。2人とも進路決断は保留でも、「将来は田所と一緒に必ずプロにいきたい」と大志を抱いた。 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月10日のニュース