松山聖陵・平安山 圧倒V 7回途中から救援し、7者連続三振で締めくくり

[ 2020年8月10日 05:30 ]

愛媛大会決勝   松山聖陵13-5宇和島東 ( 2020年8月9日    坊っちゃんスタジアム )

<宇和島東・松山聖陵>優勝を決め、マウンドに集まり歓喜する松山聖陵ナイン (C)毎日新聞社
Photo By 提供写真

 準決勝までの4試合をコールド勝ちした松山聖陵が、投打で宇和島東を圧倒した。3回無死満塁から重松の右翼線三塁打などで5点を先制。4、5回にも着実に得点を重ねた。投げてはプロ注目右腕のエース・平安山(へんざん)陽が魅せた。10点優勢の7回に3点を返され、なおも1死一、三塁から救援。左飛と三振で後続を断つと、8回と9回は3者三振に斬り、圧巻の7者連続三振で試合を締めくくった。

 岸田明翔主将(3年)は「最後に3年生全員でマウンドに集まることができてよかった。甲子園がなくなってしまったことに対する気持ちを和らげる結果になったと思う」。昨夏の決勝戦で敗れた相手に雪辱を果たし、最高の笑顔を浮かべた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月10日のニュース