DeNA国吉打った!勝ち越し二塁打で7年ぶり安打&打点

[ 2020年8月10日 19:27 ]

セ・リーグ   DeNA―阪神 ( 2020年8月10日    横浜 )

<D・神>4回1死一、二塁、国吉は右翼線に2点適時二塁打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 DeNAの国吉佑樹投手が勝ち越しの適時二塁打を放った。

 今季初の「ブルペンデー」で4回から2番手で登板。最速158キロをマークするなど、まずは1回を三者凡退に封じた。直後には1死一、二塁で打席へ。岩貞の初球、142キロにバットを合わせると、打球は前進守備を敷いていた右中間を破った。

 13年以来となる安打、さらに打点を挙げた国吉に、一塁ベンチからはナインが驚きの表情を浮かべて大盛り上がりだった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月10日のニュース