西武・山川 空振りで痛っ!右足首ひねった…強行出場も連続三振、9回には代打

[ 2020年8月10日 05:30 ]

パ・リーグ   西武1―2日本ハム ( 2020年8月9日    札幌D )

<日・西>初回2死、空振り三振に打ち取られた山川は右足を痛める(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 1点を追う9回2死で西武の4番・山川に代打・メヒアが送られた。初回に空振り三振をした際に右足首をひねり、強行出場したものの4、7回も連続三振。辻監督は「最後は無理をさせたくなかった。今後?明日、あさってにならないと分からない」と14本塁打の主砲のアクシデントに心配そうだった。

 試合は3試合連続の1点差負けで今季初の4連敗で4年ぶりの借金5。初対戦のバーヘイゲンの前に7回まで1得点で10三振を喫し指揮官は「なかなかいい投手は打てない」。福岡、札幌の長期遠征は2勝9敗だった。

 ▼西武・外崎(初回に40試合ぶりとなる2号ソロ)状態は少しずつ良くなってきている。その結果が今日はたまたまホームランになった。

 ▼西武・源田(新主将。バーヘイゲンから2安打1盗塁も)僕自身が足を引っ張っているし、仕事ができていない。(チームとして)我慢するしかない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月10日のニュース