明徳義塾 9回逆転サヨナラ勝ち!新沢右越え2点三塁打「気持ちよかったです」

[ 2020年8月10日 15:30 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   明徳義塾6―5鳥取城北 ( 2020年8月10日    甲子園 )

<甲子園高校野球交流試合 明徳義塾・鳥取城北>9回2死一、二塁、逆転サヨナラ勝ちに歓喜の明徳義塾ナイン(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスの影響で中止となった今春センバツに出場予定だった32チームによる「2020年甲子園高校野球交流試合」が10日、甲子園球場で開幕。第2試合では、明徳義塾(高知)が鳥取城北(鳥取)に6―5でサヨナラ勝ちした。

 昨秋の四国大会優勝の明徳義塾は1点を追う2回1死二、三塁から新地智也(3年)の中犠飛で追いつき、5回1死三塁からは鈴木大照主将(3年)の左犠飛で勝ち越し。3点のビハインドを背負った8回、米崎薫暉(2年)の中前適時打などで2得点して1点差に迫り、9回2死1、二塁から新沢颯真(3年)の右越え2点三塁打で逆転サヨナラ勝ちした。新沢は「正直、気持ちよかったです」と声を弾ませた。

 昨秋の中国大会準優勝の鳥取城北は、1点を追う8回1死満塁から川西威飛(3年)の中堅右への2点二塁打で逆転。さらに続く吉田主将の右前適時打、安保龍人(3年)の左前適時打し、この回4得点したが、最後に逆転を許した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月10日のニュース