阪神・近本 フェンス激突のスーパーキャッチ 敵味方関係なく球場全体から拍手

[ 2020年8月10日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神5-1広島 ( 2020年8月9日    マツダ )

<広・神(8)> 3回1死、近本は坂倉の打球をジャンピングキャッチ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 フェンスに激突してもボールは離さなかった。阪神の近本がまずは好守で流れをつくった。

 「しっかりボールを捕ることが大事なので、秋山さんを援護できるようにと思っていた」

 勝ち越し直後の3回1死。坂倉の右中間深くへの飛球を背走しながら、ジャンピングキャッチした。捕球した後はすぐに起き上がることができないほどの衝撃を受けたが、プレーを続行。球場全体から拍手が湧き起こるビッグプレーだった。これだけではない。2回無死一塁でも、松山の中堅後方への飛球を背走して捕球。3―1の8回2死三塁では坂倉の大飛球も難なく追いつき、守備範囲の広さを改めて示した。

 「守備で流れを持ってくる機会は少ないですけど、しっかり自分のできることをやっていきたい」

 今季は42試合の出場で失策ゼロ。右翼、左翼にはベテランの福留や糸井、助っ人のサンズが就くことが多いだけに、中堅・近本の高い守備力は頼りになる。矢野監督からも「すごくいい反応をしてくれた。チカの守備というか、入りもよかった」と称えられた。

 攻撃では4―1の9回2死三塁から一塁へ適時内野安打を放ち、ダメ押しの打点を挙げた。8月に入ってからの8試合連続安打も継続。攻守で勝利に貢献し近本は乗りに乗っている。 (長谷川 凡記)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月10日のニュース