クラーク コールド圧勝で3年連続決勝進出 2年生・佐藤が4安打4打点でけん引

[ 2020年8月10日 16:28 ]

夏季北海道高校野球大会北北海道大会準決勝   クラーク10―0武修館 6回コールド ( 2020年8月10日    旭川スタルヒン )

<クラーク・武修館>6回無死、クラークの佐藤が右翼線二塁打を放つ
Photo By スポニチ

 クラークが大量16安打で武修館に圧勝し、3年連続で決勝に進出した。

 背番号16の2年生、佐藤寛太が先制打を含む4打数4安打4打点。「先輩に教えてもらって日に日に(調子が)上がっている。ベンチで先輩に“ナイスバッティング”と言われた」と笑顔を浮かべた。

 北北海道大会準優勝の昨夏は、スタンドで先輩の悔し涙を目に焼き付けた。11日の決勝で、旭川龍谷と対戦する。4年ぶりの頂点に向け、佐藤は「3年生にとって最後の大会。大会ができることに感謝してやりたい」と再びの活躍を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月10日のニュース