東大、無念の逆転サヨナラ負け 井手新監督「あそこを勝ちきらないと」

[ 2020年8月10日 14:20 ]

<慶大・東大>サヨナラ負けに肩を落とす東大ナイン(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 目の前で大魚を逃した東京六大学野球の春季リーグ戦が10日、開幕。開幕カードで東大は昨秋王者の慶大をあと一歩のところまで追い詰めながら、5―4で逆転サヨナラ負けした。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開幕が大幅に遅れ、1回戦総当たりの変則日程となった。

 東大は打線が5回まで1安打に抑えられるものの、3点を追う6回に反撃開始。1死から代打・中井が右前打で出塁し、2死二、三塁から3番・石元の2点右前打で1点差に迫った。

 続く7回には1死二塁で代打・水越が同点の左中間二塁打。さらに2死三塁で、再び中井が決勝の中前打を放った。

 しかし9回、先頭打者への四球から失策も重なり、2点を奪われてサヨナラ負けした。

 「もう少しで勝てそうだったけど…。でも、初戦でこれだけ力を出せたのは大きい」と中井。この日がリーグ戦初出場で、初安打&初打点をマークし「リーグ戦で活躍するのが目標だったので」と話した。

 チームは元中日球団代表の井手峻新監督が就任。この日が初陣だった指揮官は「9回を乗り切らないと。あそこを勝ちきらないと」と無念の表情だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月10日のニュース