オリ ジョーンズ来日初安打も連敗…延長で失策 9年連続開幕カード負け越し

[ 2020年6月21日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス1-2楽天 ( 2020年6月20日    京セラD )

<オ・楽>5回1死一塁、ジョーンズは左中間二塁打を放つ(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 オリックスは10回2死一、二塁から中川が一ゴロをトンネルして決勝点を与え、9年連続の開幕カード負け越しに沈んだ。またも不名誉記録を背負った敗戦。光明は来日初安打を含む2安打を放った4番ジョーンズだ。

 「チームの勝利のためにプレーしているから個人のことは考えていないけど、最初の1本が出て、ホッとした部分はあるよ」

 3回無死一塁で松井の高め直球を捉えて左前打。一塁塁上で両手を広げて天井を仰ぎ、記念球が一塁ベンチへ戻ってきた様子に笑みをこぼした。3打数無安打だった開幕戦から数えて5打席目で初のHランプ。5回1死一塁では左中間二塁打を放ち、来日初の複数安打も記録した。

 今季初の延長戦で11安打8与四球で塁上をにぎわせながら16残塁。2試合連続1得点に西村監督も「ジョーンズに当たりが出てくれば、ね。でも、かなりのチャンスがあったが…」と表情は険しい。21日は山本が先発予定。援護を期待されるジョーンズは「1つ勝てばみんなの力も上がっていくと思う」と前を向いた。(湯澤 涼)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月21日のニュース