阪神・原口 昨季はTV越しの開幕…惨敗も4回に同点弾!バットと肩で存在感

[ 2020年6月21日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1―11巨人 ( 2020年6月20日    東京D )

<巨・神>4回2死、高めの球を引っ張り、左越えソロを放つ原口(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 野球ができる喜びを他のどの選手よりもかみしめながらプレーしたのは、阪神・原口だったかもしれない。試合は惨敗。捕手として大量失点の悔しさはもちろんある。それでも、昨年はテレビ観戦しかできなかった開幕カードの舞台で、バットと肩で存在感を見せつけた。

 「サダ(岩貞)も粘っていたので何とかしたいという気持ちでしたし、しっかりスイングした結果がホームランという形になって良かったです」

 まず振り返ったのは1点を追う4回2死の第2打席だ。田口の初球、見逃せばボールの高め直球を振り抜き、無人の左翼席に放り込んだ。前夜の開幕戦は出番がなく、今季初出場での1号同点ソロ。一時は流れを引き寄せたかに見えた一発だった。

 ただ、その裏に初回にも三塁打された坂本の中越え二塁打から2失点。7回は若い小川と谷川をサポートできず、「もっと手助けをしてあげられたな…とも思いますし、ビッグイニングにしてしまったのは自分自身の中で反省しなければいけない」と責任を背負った。

 大腸がんを患った昨季は、闘病を経て1軍戦に初出場したのが6月4日のロッテ戦だった。時期的には今年の方が遅くても、開幕からチームの一員でいられることに感無量の面持ちでグラウンドに立った。6回の守備では正確な送球で重信の二盗を阻止。矢野監督は「練習試合、キャンプから、守りにしても、打つ方にしても結果を残してきたんでね。競争の中から強くなってほしいところで、そういう姿を見せてくれていた」と高評価し、今後も梅野らと併用していく考えを示した。(山添 晴治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月21日のニュース