槙原寛己氏 DeNA“勝ちパターンの継投”を模索せよ

[ 2020年6月21日 07:30 ]

セ・リーグ   広島10-5DeNA ( 2020年6月20日    横浜 )

<D・広>DeNA先発のピープルズ(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 【槙原寛己 視点】広島は守備の力を攻撃につなげた。開幕2連勝。逆転勝ちの起点は2―3で迎えた7回1死二、三塁の守備だった。ソトの強烈なゴロを前進守備のショート田中広が好捕。追加点を阻止した。

 前夜は2―1の8回1死三塁の守りで三塁に入った三好が代打・オースティンの強い打球を捕って同点を防いで9回3点のダメ押しにつなげたけど、この日は直後の8回に一挙7点の大逆転だ。

 救援投手にとってリードは1点でも多い方がいい。味方がチャンスをつくれば追加点を期待する。最悪なのは時間だけかかって1点も入らないケース。間延びして、ピンチ脱出で勢いづく相手にのまれがちなのだ。

 DeNAにとって先発のピープルズにメドが立ったのは収穫だけど、4人の救援投手が全員失点したのは誤算だ。終盤メンバーががらりと代わる練習試合じゃ分からない部分があるんだよね。勝ちパターンの継投が落ち着くには少し時間がかかるかもしれない。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月21日のニュース