DeNA先発・平良 6回1失点好投「低めへの意識を持って粘り強く投げられた」も無援、白星ならず

[ 2020年6月21日 16:25 ]

セ・リーグ   DeNA―広島 ( 2020年6月21日    横浜 )

<D・広>力投するDeNA先発の平良(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNA先発の平良拳太郎投手は6回1失点と好投したが打線の援護なく、今季初白星を手にすることはできなかった。

 初回に先頭のピレラに左翼フェンス直撃の二塁打を許してピンチを背負ったが、最後はメヒアをカットボールで三ゴロ。4回に会沢の遊ゴロの間に1点を失ったが、安定した投球でアウトを積み重ねた。6回には1死一、二塁としたが会沢を遊ゴロ併殺打に斬り、力強くグラブを叩いた。

 「ブルペンからしっかり投げ分けられ、そのまま試合に入ることができました。また最初から低めへの意識を持って、走者を出しても野手の方に助けられて粘り強く投げることができました」と振り返った。プロ7年目で初めて開幕ローテーションをつかんだ右腕が、今季発登板でその力を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月21日のニュース