巨人・岡本 逆方向へ逆転V弾「つなぐ意識で」、原監督も称賛「勢いがついた」

[ 2020年6月21日 16:20 ]

セ・リーグ   巨人7―1阪神 ( 2020年6月21日    東京D )

<巨・神>ヒーローインタビューで、中居正広が事務所退所会見で使ったボードを手に笑顔を見せる岡本
Photo By スポニチ

 巨人・岡本が今季1号となる決勝の逆転2ラン。「自分のスイングができた。1点負けていて、先頭の丸さんが出たので、何とかつなげるようにという意識で行きました」と振り返った。

 前日に11得点を挙げた打線は、この日も11安打で7得点。その中心に座る23歳の4番は「(打線に)つながりがある。自分も、つながりを切らないように頑張りたい」と冷静な口調で語った。

 原監督は開幕3連勝に「いいスタートを切った。一人一人が役割の中でやってくれた」とナインを称賛。岡本の一打については「あそこで逆転2ランは勢いがついた」と勝因の一つに挙げていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月21日のニュース