DeNA 2戦連続逆転負け 救援陣炎上…終盤大量失点

[ 2020年6月21日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA5-10広島 ( 2020年6月20日    横浜 )

<D・広>DeNA先発のピープルズ(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 DeNAは終盤の大量失点で2戦連続の逆転負けを喫した。新外国人ピープルズが6回1失点と好投も、救援陣が崩れた。今季は特例で外国人枠が「5」に拡大されたが、ベンチ入りは「4」。この日はピープルズがベンチ入りしたことで、ラミレス監督は「だいぶ前から決めていたこと」と、開幕戦で1回1安打無失点と好投していた救援右腕のパットンを外していた。

 オースティンは右肘の張りを抱え、この日も代打で1打席の出場のみ。それでも指揮官は「一番重要なところで代打でいってもらうと決めていた」と選択に迷いがなかったことを強調した。セットアッパー不在が響いた形となったが「そういう結果になったが、それは仕方のないこと」と淡々と振り返った。(町田 利衣)

 ▼DeNAピープルズ(6回1失点も来日初登板初勝利ならず)試合の入りから腕が振れて感触は良かった。

 ▼DeNAソト(5回に1号2ラン)スライダーをしっかり前で捉えることができました。

 ▼DeNA宮崎(8回に左越え1号ソロ)自分のスイングで仕留めることができた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月21日のニュース