ソフトB・和田 手応え7K 被弾反省も「中盤以降は修正できた」

[ 2020年6月21日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2-3ロッテ ( 2020年6月20日    ペイペイD )

<ソ・ロ>ソフトバンク先発の和田(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク先発の和田が6回1/3、88球を3安打1失点と力投した

 。2017年8月27日ロッテ戦で9奪三振して以来、約3年ぶりの1試合7奪三振もマーク。「先制点を取られたのは反省するところですが中盤以降は修正でき、状態は良くなった」。2回、先頭のレアードに先制ソロを浴びたが3、5、6回の先頭打者をいずれも三振で片付けてリズムをつかんだ。「次の登板に向けて頑張ります」とベテランは元気だ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月21日のニュース