ドラフト候補左腕の健大高崎・下 自粛明け初登板で5回4失点反省も7球団が熱視線

[ 2020年6月21日 05:30 ]

練習試合   高崎健康福祉大高崎8-4青藍泰斗 ( 2020年6月20日    高崎健康福祉大高崎グラウンド )

練習試合・高崎健康福祉大高崎―青藍泰斗・先発した高崎健康福祉大高崎の下
Photo By スポニチ

 昨秋関東大会王者の高崎健康福祉大高崎が自粛明け初のオープン戦で青藍泰斗を逆転で下した。

 ようやく実施できた対外試合に、青柳博文監督は「みんな楽しそうにやっていた」と目を細めた。

 今秋ドラフト候補で1メートル83の大型左腕・下慎之介投手(3年)は7球団のスカウトが視察する中で先発し、5回4失点。約3カ月ぶりの実戦とあって「ブルペンとは違って力んでしまった。コースにはいったが、高さが微妙だった」と反省を口にした。それでも、初回に2ランを浴びた後は3者連続で三振を奪うなど持ち味も発揮した。

 中学時代から6年間バッテリーを組んだ戸丸秦吾捕手(3年)と「日本一のバッテリーになろう」と言い合ってきたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で甲子園は春も夏も中止となった。「目指す権利すらなくなってしまったのは悔しい」と肩を落とす。そんな中で、希望進路は「プロ一本」と決めた。自粛期間中は肩のスタミナを落とさないように遠投に取り組んでいたところ、自己最速の143キロが常時計測できるまでになってきたという。

 この日、群馬県高野連は代替大会の開催を発表。センバツ出場校として甲子園招待試合も控えており、アピールの機会はまだまだある。「あと2カ月。やれることはたくさんある。群馬で1番をとりたい」と力を込めた。

 巨人の榑松伸介スカウト部次長は「貴重な大型の左腕だと思う。馬力があって、バランスも良い。十分(指名の)チャンスはある」と評した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月21日のニュース