巨人新外国人・パーラ 来日初本塁打!「シャークダンス」出迎えに感激

[ 2020年6月21日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人11-1阪神 ( 2020年6月20日    東京D )

<巨・神>7回2死一、二塁、3ランを放ったパーラ(右から2人目)をシャークダンスで迎える巨人ナイン(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人新外国人のパーラがオープン戦、練習試合を通じて来日初本塁打を放った。リードを7点に広げた7回2死一、二塁から、右翼席への打球をその場で見つめる確信の3ラン。「やっと思い切り踊ることができたのは本当に良かった」と言い、原監督らナインから両手を上下に合わせる「シャークダンス」で出迎えられたことを喜んだ。

 この回は先頭で右前打を放ち、一挙8点の足がかりをつくった。試合後にはロボットを「分身」とした子供のインタビューに答え、記念撮影も実施。「早くファンの皆さんの前で野球ができる日が来れば」と望んだ。

 ▼巨人・ビエイラ(7回に初登板して来日最速タイの161キロを計測も、1安打2四球で2死満塁のピンチをつくって降板)もう一人何とかしたかったが、悔しい結果になった。次はリベンジしたい。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月21日のニュース