青藍泰斗・石川 初回初打席初球を場外2ラン「自信になった」 兄は中日投手の石川翔

[ 2020年6月21日 05:30 ]

練習試合   青藍泰斗4-8高崎健康福祉大高崎 ( 2020年6月20日    高崎健康福祉大高崎グラウンド )

練習試合・高崎健康福祉大高崎―青藍泰斗・初回に右越え2ランを放った青藍泰斗の石川
Photo By スポニチ

 青藍泰斗のプロ注目・石川慧亮(けいすけ)外野手(3年)が「3番・右翼」で先発出場し、初回に魅せた。

 1死一塁から相手の左腕・下が投じた初球のスライダーをフルスイングし、逆方向となる右越え場外2ラン。高校通算20号とし「相手投手はスライダーが得意なので狙っていた。こすったかなと思ったが…風に乗ってうまく入ってくれた。甲子園に出るような投手から打てて自信になった」とはにかんだ。

 強烈な一撃にネット裏のスカウトも驚き。「あのスイングは高校生離れしている」とか「初見の投手の変化球を逆方向へ持っていけるのがすごい。集中力やセンスがある」と絶賛が相次いだ。

 兄は中日の右腕・石川翔だ。背中を追い続け、同じ青藍泰斗に進学した。1メートル72と小柄だがパンチ力と持ち前の選球眼は下級生の頃から定評があり、1年春からベンチ入りした実力派だ。

 目標はプロ野球での兄弟対決だ。「兄に負けないようにという気持ちでプロに行って、兄から打ちたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月21日のニュース