巨人・岡本、今季1号は逆転2ラン!丸の初安打直後に右中間席へ「いい感覚で打てました」

[ 2020年6月21日 14:08 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2020年6月21日    東京D )

4回無死一塁、逆転2ランを放つ岡本(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 開幕3連勝を狙う巨人は初回に先制を許したが、4回に4番・岡本が今季第1号となる逆転2ランを放った。

 阪神先発のガルシアから走者を出しながらも3回まで無得点に終わっていたが、4回先頭の丸が中前に今季初安打を放って出塁。岡本は、カウント1―0から外角高めの速球を逆らわずに右中間へ。打球はそのまま外野席に着弾した。

 3年連続30発超えの期待が懸かる4番の一振りで逆転。阪神との開幕同一カード3連戦は18年まで過去8度。巨人が3連勝となれば、史上初となる。

▼巨人・岡本 打ったのはまっすぐですかね。来たボールに逆らわず、逆方向にいい感覚で打てました。ピッチャーも頑張っていたので逆転できて良かったし、打てて良かった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月21日のニュース